So-net無料ブログ作成
検索選択

リニアアンプ周波数トラッキング [EQUIPMENT]

無線機、リニアアンプとも同じメーカーをお使いの方は興味がないと思います。
また、真空管リニアをお使いの方には、「そのぐらいなんだ!」と怒れそうですが・・・

現在、無線機はYAESU。リニアアンプは、JRCを使っています。
なにが煩わしいって、バンドチェンジ・モードチェンジする時です。

操作 1 コントロールパネルのSETボタンを押して
操作 2 数秒間の間にちょっと電波を出す

これでリニアアンプにバンドを読込ませるですが
昨今のクラスターお任せワッチ状態だと・・・・・・
バンドチェンジ・モードチェンジが激しく 
「アッチ行ったりコッチ行ったり状態」
その度にSETボタン、送信を繰り返しています。


この煩わしさを一気に解消してくれたのが

FTC 「リニア・アンプ周波数トラッキングコントローラ」

まさに、「KWをベアフット感覚で楽しめます」


FTCを導入後は、リニアアンプの操作パネルを触ることもなくなりました。
また、JRCを含めFETリニアはバンド内でもいくつかのセグメントチューナー管理されているので
SSBからCWへバンド内移動も正しいセグメントチューンで運用できる優れものです。

昨日、製作者のご厚意で往復送料だけでバージョンUPして頂けるとのことで依頼しました。
そういうことで、FTCが出払っている今また、「SET」 「送信」 を繰り返しています。

バージョンUP後は、ロギングも自動トラッキング可能になるようです。

早く戻ってこい~FTC バージョンUPと操作性に心待ちしております。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。