So-net無料ブログ作成

円高メリットでパーツを輸入 [EQUIPMENT]

先週から急激な円高です
まさか、1ドル100円を割る時代がまたくるとは思いませんでした。
日本経済には、深刻な状況ですが
アメリカから個人輸入するには、絶好の機会なので
以前からリストアップしていたパーツ関係のオーダーをしてみました。


3月17日
真空管アンプでおなじみの
Los AngelesのHENRY RADIOのTEDさんに見積りのメールを出してみました。

現在、HENRYは真空管アンプの製造販売は中止しましたが
補修部品の供給と修理は継続しています。
また、アメリカの最大オークション「e-bay」でもストアーとして無線機器の販売をしています。

深夜、アメリカの営業開始時間を見据えて
見積メールを送ると、2時間後には返信が着ました

返信は、丁寧な内容で
パーツの単価、合計、送料(EMS)が記載れて
全ての在庫は、ストックがある とのことでした。
支払いは、カードもしくは、e-bayのスタンダード「PAYPAL」どちらでもOKとのこと
メールには「PAYPAL FINE」と書かれていたのでそちら好むようです。

返信が深夜でしたので、オーダーは翌日にと思いベットにもぐりこみました。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。