So-net無料ブログ作成
検索選択

はじめてのDXCCをLOTWと同時(併用)申請しました [DX]

はじめてのDXCCをLOTWと同時(併用)申請しました。

開局して約30年
QRT時期の方が長かったのですが
いつかはDXCCの申請をと考えいました。
LOTWに関しては、始まった当初にユーザー登録をし
交信データーは、月1程度にUPしてました。

LOTWのQSOマッチングもMIXで180を超え
紙QSLで同時(併用)申請で300オーバーになることを
区切りに申請に踏み切りました。

同時申請ですから
LOTW分と紙QSLの仕分けをします
LOTW分の紙QSLは必要ないので
次の作業をしました

LOTWでマッチングしたMIXのエンティティーをネットから抜き取り
エクセルで一覧表にしました。
次に、JK1IQK氏のDXCCアワード印刷を使用して
ログデーターからLOTW分以外のエンティティーを紙QSL分として抜出しました

今回は、MIXのみ申請
LOTW 183 + 紙QSL 120 
合計304
フィールドチェック(120QSOまで)を利用した最大申請数です

LOTW同時申請の場合は
最初に紙QSLのフィールドチェックを受けてから
LOTWのネット申請をすることになります。
これは、ネット申請する際に
「どこでフィールドチェックをしたか?」
「フィールドチェッカーのコール誰か?」
を記入する必要があるためです。



8月21日
ハムフェアーのDXCCフィールドチェックを利用するため巣鴨に行ってきました
初日で、混雑を予想していましたが待ち時間含めて40分で終了しました。
紙QSL120分の申請は、特に指摘事項もなく無事受付けてもらい
あとは、ARRLでノークレジットがないことを祈ります
支払いは、クレジットカードのため審査表のみ頂き支払いは後日になります
最後にLOTWの疑問点に関してチェッカーのJA1DM海老沢さんとお話をして疑問点は解決しました。
本日のチェッカーは5名でした。
チェッカーのみなさんありがとうございます

帰宅後
夜、LOTWの申請です

LOTW申請では、QSO毎に費用がかかります
数日前に、500QSO分 $75のチャージをしましたので
今回は、このチャージを利用することになります

今後の5BAND DXCCを考えて
効率よく申請をしたいと考えておりました
レギュラーバンドを優先してクレジットをするという意味です
しかし、LOTWのApplicationでマトリックス表を見ると
ある程度、エンティティーごとに集計された表で提供されていて
全てのQSOデーターを1つ1つ選択する様式になっていませんでした。

こうなると、効率よいクレジットというよりLOTWにあるものは
LOTWでクレジットする方が費用は少しかかりますが良いようです

500QSO分のチャージがありますので
一気にクレジットすることにしました

まず、PHONE CW RTTY の全てにチェックを入れ
次に、160 80 40 20 15 10 メーターのレギュラーバンド全てにチェックしました
これで484QSOをクレジットになり500チャージでOKです

MIXは、カード 120+LOTW 184=304 となり
紙QSLを含めると
PHONE.CW.RTTY.7.14.21、7部門が100QSOのクレジットを越えました。

lotw20080821_st.jpg


申請は、MIXのみです


最後に申請料ですが
DXCCフィールドチェック (紙QSL120クレジット) $22
LOTW (484クレジット) $0.15×484= $72.6

合計$100ぐらいですね
(ピン、スリップ 賞状 送料は除く)

来年は、フィールドチェックで
MIXをエンドーズで最大まで、CWを中心にクレジットして「CWの新規」を申請する予定です




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。