So-net無料ブログ作成
電波障害 ブログトップ

PLCより怖い住宅用太陽光発電ノイズ その2 [電波障害]

昼間のノイズを確認しようと思い
夜の8時過ぎ、無線の電源を入れました。
あれ?ノイズがない。どのバンドを聞いてもないのです。

「あぁあ~~もしかすると・・・・」
ノイズ発生に思い当たる節があります。

お隣の広い土地に隣家の身内の方が新築の1戸建てを建築をされています
ぼほ、完成状態になり引渡し目前と聞いてました
また、2.3日前から電力会社からの電力供給が開始された様子でした
隣の新築屋根には、太陽光発電のパネルが載っており
直感的に、太陽光発電からのインバーターノイズかも?と・・・

新築の家には、まだ引渡されてないようなので
身内の方は住んでいらっしゃらないようです
翌日、以前から住んでいる隣家を尋ねて
新築宅から無線機への電波障害が発生しているようだとお話しました。
すぐに、建築施工会社の担当者が訪ねてこられ
確証があるわけではないが、太陽光発電からのノイズ可能性をお話しました
検証をするため、一人の方がシャックの無線機の前で立ち会って頂き
もう一人の方に新築のメインブレーカーを切ってもらいました
すると、今まで「ピロピロ」とバンド全体S7程度のノイズが
波が引くように、消えてくれたのです。

同時に、どのこに原因があるか個別のブレーカーを切って探ったところ
太陽光発電のブレーカーが繋がるとノイズが発生することがわかりました。
建築会社の担当者もノイズの原因が新築の太陽光発電にあることが
確認でき判明しましたので、メーカーに対策依頼をすることを約束していただきました
また、当面の間、太陽光発電用ブレーカーは、遮断しますとなりました。

対策

太陽光発電装置は、京セラでした。
京セラの対応は、大変 紳士的でありました
ノイズ発生直後、2,3日後に東京本社から担当者が来訪して
ノイズの発生状況に関して説明をしました。
京セラの担当の方は、なんらかの形で障害対策をする約束をして頂きました。

その後、数週間後
京セラ滋賀工場のエンジニアがコアを持参し
施工業者と共に大がかりなコア対策をしました。
この対策は、発電装置の「パワーコンディショナー」と
屋上パネル接続の「DC」部分及び「AC」接続部分に
数カ所のコアを取付るとのことでした。

しかし、コア対策の効果は有効ではなく
ノイズレベルに変化はありませんでした。

この対策が有効でなかったので
京セラとしても、対策が振り出しに戻ってしまったようです。
1週間後、再度、京セラ東京本社担当者が来訪され
今後の対策に関しての話し合いを持ちました。
担当者の方は、この時も大変紳士的で
一般的にノイズ解消をする為には、どのような対策があるのか等
いろいろ尋ねられ、私も知っている限りの資料等をお見せしました。

この時、アマチュア無線の団体であるJARLの存在
また、担当官庁の総務省通信局等の話もお話しました
担当者の方は、社に戻って、次の対策を考えてくるとのお話でした。


2日後、京セラから電話があり
「昨日、JARLの技術研究所を訪ねてお話をしてきました」と・・・突然の話にビックリしました。
京セラの対策への意欲が本気であることが伝わってきます。


京セラとJARL技術研究所との話し合いの結果
「共同実験を実施する」ことになったとのことでした。
その実験で有効な対策が見つかれば
その対策をしようと思いますとのことでした。

京セラとの電話を切って、JARL技術研究所に電話をしてみました
詳しい共同実験にいたる経緯を聞きました。
また、翌日 巣鴨へ直接出向き
JARL技術研究所長と共同実験のいきさつ等
当局の電波障害に関する症状等を詳しい話してきました。

その時の話では
北関東のアマチュア局がS-9プラスでのノイズ障害があり
太陽光発電装置がノイズ源と判明したがその家は数百m離れたところからで
特定に苦慮したとのお話を伺いました。
そのメーカーは京セラではなくはS社とのことでした

10日後、京セラから連絡が入り
JARLとの共同実験での成果は
「パワーコンディショナー」と室内のコントロール(発電量の表示するパネル)接続する
ケーブルを取り外すとノイズレベルが若干下がることは判明したそうです。
また、京セラからノイズの発生元は太陽光発電の心臓部である
「パワーコンディショナー」でありその部品に使われている
「IGBT」が主な原因であることも同時に判明したとのことでした。


最終的な対策

共同実験から1ヶ月後
京セラから連絡が入り、電波暗室等でデーター取りした結果
現在使用している最新パワーコンディショナとモデルの古いパワーコンディショナを
比較したところ、古いモデルではノイズが下がったので
交換後の実験をしたいとの申し出がありました。

最終対策日 当日
まず、パワーコンディショナとRS232Cで接続されている
室内端末機とのケーブルを切り離すとS-2程度ノイズレベルが全周波数的に下がりました
次に、メインの対策である
パワーコンディショナを古いモデルに交換して発電させると
嘘のようにノイズがなくなりました。
ノイズ帯域が変わった可能性もあるので1.9~50Mhz、144、430Mhzと聞ける範囲の
アマチュアバンド内を聞きましたがノイズは確認できませんでした。


以上のように4ヶ月かかって太陽光発電から発するノイズはなくなりました。
この対策により、隣家は古いモデルのパワーコンディショナの設置を快諾してくれました。
しかし、機器交換となりましたので電力会社との買電契約が再申請とこのとで
太陽光発電の稼働はさらに1ヶ月後になったそうです。

以上の経緯で私の太陽光発電ノイズ対策は解決しました。
解決には、隣家、建築会社、メーカー、JARLと様々な方の
ご理解と対策に対する取組みがあって解消されました。
関係各位に感謝いたします

しかしならが、近年、住宅地では様々なローカルノイズがあり
1つ1つ確認して対策を施すのは、困難だなと感じております。

おまけ
太陽光発電のブレーカーのON OFF 状況(ONから5秒後にOFFへ)




PLCより怖い住宅用太陽光発電ノイズ その1 [電波障害]

桜の花が散り、新緑が映える4月の下旬
いつものように昼ご飯を食べ終わり
コーヒーを飲みながら春のDXはどうかな?と
14Mhzを聞き始める
VFOをまわすとバンド全体に「ピロピロピロピロ」と
今まで聞いたことないノイズ音が広がっていました。
ほぼ50khzごとにS7~8でメーターを振ってる

こりゃ~BYやP5辺りの短波放送の高調波かな?と思いながら
今日は、「ノイズが多くてダメだな」と無線機の電源を切りました。

翌日も昼食後
14Mhzを聞くと昨日と同じように
「ピロピロピロピロ」
今日もノイズか?方角はどちらからとアンテナをまわすと北西が少し強い
しかし、S7程度の信号ならサイドのNIL点でかなり弱くなるはずが
S5程度までしか下がらない・・・・・・
やばい!これは、大陸系のノイズじゃなくて
ローカルノイズだ!

ノイズの状況
Sメーターは7ふってます。


電波障害 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。